整形外科Dr. オルソ100% の生き方カルテ

サイドFIREを目指す医師が会社やお金に縛られない自由な生き方・働き方をポジティブに追い求めていくブログです。

医師がFIREを目指すべき理由。「FINER」という新しい生き方とは?

f:id:ortho100p:20210703121354j:plain

こんにちは。整形外科医オルソ100% (@ortho100p)です。

 私は投資素人のまま父に勧められ、2018年から資産運用をしている平凡な医師です。

病院で勤務医として働きながら「FIRE」を目標にしています。

 

今の病院や仕事が嫌でつらい、定年までお金のために働きたくない。アーリーリタイアしたいな。

日々の忙しさに追われ、神経をすり減らし、このように思っている医師の方はいませんか?

 

この記事では

・FIREってそもそも何?

・なぜ医師がFIREを目指しているの?

 

 このような疑問についてお答えし、真面目に働いてる医師にこそ「FIRE」という生き方をおススメしたいと思います。

 

また私が目指している新しいFIREの形「FINER」という生き方ついても提案します。

 

医師は1年目から比較的多くの給料がもらえる職業なので若いうちに資産形成を開始すれば早くFIREを達成しやすいです。

ぜひ若手医師にはこの記事を読んで、「FIRE」という言葉を知っていただき、医師としてのスキルアップと並行して資産形成に取り組んでほしいと思います。

 

 

FIREとは?

「 Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとった造語で、「経済的に自立し、早期に退職」を目指すムーブメントのことです。

 

最近はFIREに関する書籍やFIREを目指すYouTubeなどを目にする機会が多くなり、ちょっとしたブームになっています。

 

資産運用による不労所得を増やし、生活費を抑えることで、

「不労所得 > 生活費」

これを達成することができれば資産を減らさずに生活することができます。

そして、お金や労働に縛られず自分の時間を好きなことに使って生きていくことができます。

若いうちにお金を貯めてアーリーリタイアを目指すってことね。

いや、実際には今すぐに仕事を辞めたいとは思っていません。これからもずっと医師として働くつもりです。

実はFIREといってもいくつか種類があります。

では私が目指すFIREとはどういうものでしょうか?

 

FIREの種類

1.FIRE (完全リタイア)

2.サイドFIRE (セミリタイア)

3.バリスタFIRE(セミリタイア)

4.FINER(リタイアしない)

以上、FIREは4つに分類されます。

(※人によって微妙に解釈が異なります。あくまで管理人の分類としてお読みください。)

では一つ一つ解説していきます。

 

1. FIRE (完全リタイア)

早くに大きな資産を築き、切り崩して生活したり、その資産から生み出される配当金所得で生活していく。つまりアーリーリタイア後一切働かず悠々自適な生活を送る状態です。

一切働きたくないからいやな労働をさっさと辞めてやります。そのために経済的自立をひたすら目指します。

 

2. サイドFIRE(セミリタイア)

配当金など不労所得や副業収入を得て、完全に労働から離れるのではなく、一部労働所得を得ながら労働とは別に好きなことをして生きていく状態です。

できれば働きたくないけど、遊んで暮らせる資産がない。仕事を続けながら自分の好きなことしたいな。

 

3. バリスタFIRE(セミリタイア)

サイドFIREとほぼ似ていますが投資による不労所得を得て、労働時間やペースを抑えて、好きな時に好きなだけマッタリ働く状態です。(バリスタとはイタリア語でコーヒーの知識を持ち、カフェなどでコーヒーを入れる職業の事です。)

ガツガツ働きたくないけど、一切働かないのは暇だし、仕事は適度にしていたい。

 

4. FINER(リタイアしない)

Financial Independence, Not Early Retirement」の頭文字をとってFINERです。

(※私の造語です。)

 

文字通り「経済的自立をして、早期退職は目指していない」です。

 

資産形成による配当収入を得て、経済的に安定し、お金のためでなく、自分のやりたい仕事・専門分野に集中して働く状態です。

高いモチベーションを保って自分らしく働く自由を得ることが目標です。

 

私自身は医師としての仕事がやりがいがあって好きですし、辞めるつもりはありません。

私が目指しているのはFINERです。

 

なぜ医師がFINER (Financial Independent not early retirement)を目指すべきなのか?

キャリアアップを目指す志の高い医師にとっては海外留学・論文執筆・学会活動など多くのお金が必要になります。

 

そこで給料を得るために通常業務に加えて、救急当直や休日外来などのアルバイトを余分にする選択肢を取ります。 

すると自分の体力・家族との時間を犠牲にして働き続けることになり、若いときは良いのですが、段々と体力的にきつくなってきます。

時に体調を壊したり、精神的につらくなり、そこまで頑張る必要があるのかと次第にキャリアアップのモチベーションが下がってしまう可能性があります。

 

医師に限らず、他の職種でも、お金に縛られることなく、健康的に自分の好きな仕事・キャリアアップに集中する働き方があってもいいのではないかと思っています。

 

若いうちから資産形成をしてお金の不安を取り除き、お金のためではなく、患者さんのため・家族のため・自分のために働くことに専念できれば充実した医師人生が送れるのではないかと思います。

仕事がつらくなったり、やり切ったと思ったらその時にリタイアしてもいいしね。

 

「FIREを目指す」というと、倹約生活でイヤな就労から逃げ出すというイメージがあったので、「FINERを目指す」という方が仕事に対して前向きでしっくりきたのです。 

 

まとめ:FINER=人生をより素晴らしいものにする生き方

いや、FI(経済的自立)だけでいいじゃん。

するどいです...。でも、あえて私はFINERを推させていただきます。

なぜならば…

英単語で「finer」には「より良く、より素晴らしい」という意味があります。

 

真面目に仕事に取り組んでいる方に人生をより素晴らしいものにする生き方・働き方としてFINERという生き方を知っていただき、目指してみようと考える方が1人でもいてくれたら嬉しいです。

(※あくまで私の造語なので周囲の人には言わずに心の中で大事に持っておいてください。)

 

おすすめ本

FIREという生き方について参考になる本です。

1.FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド

2.本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法

 

ご覧いただきありがとうございました。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

-おすすめ記事-